NJSSの連絡用BLOGです。年間・月間スケジュール,試合予定・試合結果,お知らせ等々を更新していきます。
2008/11/09(日)08:23
今日は2対2で守備に主眼を置いた練習をしました。
そこで感じたのがやはり声の大事さでした。
ボール保持者に対し寄せを行うとき(チャレンジを行うとき)、「OK!(=私が行くよ!)」との一言が守備に積極性をもたらしてました。それはこういうメカニズムだと思います。
守備はFWの動きに対して動かなければならないので、受身の守備となると体力的にきつい。また守備のパートナーとの連携がうまく取れていなかったら、例え守備が数的に優位であったも突破されて失点するわけです。
失点は辛い失敗体験ですから、疲労と失敗経験とが合わさって、どうしても守備には消極的な気持ちになってしまう場合が多い。
だからこそ、寄せを行うDFが「OK!」と大きく一言発して、私がボールを奪いに行って来るからね!という姿勢を実際に実行して見せることが、あいつ、頑張ってるじゃないか、よし、私も、と味方に勇気を与え、守備に積極性をもたらすのだと考えます。

例えば、自分の背後を突かれてしまいました。今からボールを追いかけても間に合いません。そのとき「OK!」という力強い声と共に味方が凄い勢いでボールに急行しています。どう感じますか?これ見てどう動きますか?

この「OK!」という一言とFWに向けてのDFのダッシュの価値は大きいですよね。自分も気分が乗ってくるし、味方も気分が乗ってきます。試合で緊張のあまり体ががちがちになってしまう場合、試合の最初のプレーで簡単なミスをしてしまって今日の私は全然駄目だと思ってしまった場合、チームに元気が無い場合、まずは「OK!」との声を発し、ボールを奪いに行くことで負の自己暗示を正の自己暗示に変えましょう。

ちなみにこの「OK!」の一言は無くても良いか?駄目です。この一言が肝だと思います。
サッカーとは集団のスポーツですから、試合から消えようと思えば何時でも消えることが出来ます。
「OK!」の一言は、私は試合に積極的に参加してます、という意思の表れでもあり、守備においては「カバリング頼んだよ」という味方へのメッセージでもあります。サッカーにおいて言葉を介した意思の疎通が重要だと考えますので、この「OK!」というほんの一言があるかないかは、効果として雲泥の差を生むと思っています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

NJSS

Author:NJSS
長崎市近郊のサッカー好きが集まる女子サッカーチームです。
小学生・中学生・高校生の各年代の幅広い年齢層で活動しています。随時、入会者を募集しています。

新年度(H29年度)小学生女子会員募集中です!見学・体験練習いつでもOKです!練習会場へ直接お越し下さい(^0^)/~

FC2カウンター

カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

NJSSスケジュール

最近の記事
 | NJSS連絡用BLOGTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX